Team J. 新歓ぶろぐ!よん!

はちゃめちゃな後輩志田くんの後は落ち着きのあるナイスガイこと新4年の大山が綴っていきます٩( ᐛ )و

もともと耐久競技が嫌いな人っていますよね

「僕Mじゃないもん!」って

 

 

そこで

 

ジョギング・マラソンの性・年代別参加率 2016年

 

ばんッッ!

年配の方も含め結構な割合が走ってますね

考えようによっちゃあその割合以上の人たちが潜在的に走ることに惹かれているのです!!(暴論)

 

君たちは大学生、、、

耐久競技への隠れた羨望、競争を望む若き血、

そしてたぐいまれなるキャパシティを合わせれば、、、

 

トライアスロン

 

やるっきゃないですね

 

 

 

あれ、、なんか志田くんと同じテイストになっちゃったよ

 

 

気をとりなおして、

トライアスロンをやっていると色んな景色が見ることができます

 

半島の先っちょまでチャリ漕いで黄昏れたり

 

 

仲間たちのアツイ戦いを我が身のように応援したり

 

何よりぼやけた頭で感じるゴールの感覚だったり

 

大学生は時間があるようでないような、、、

出会いがあるようでないような、、、

そういった感覚は十人十色なのが常です

 

しかし間違いなくいえるのは、留学先での素敵な出会いや大人も驚くような企画の立ち上げ、そして精神が高揚するような自分のドラマは待っていても向こうからやってこないということです

下手したら飲み会の端っこでピースしている写真が蓄積されていく、、そんなことになりかねません

 

Team J. は拘束力のないサークルです

練習に参加しないメンバーもいつの間にか海外のレースに出走していたり、留学生同士が国外でわいわいしていたりと、場所は違えどどこかでつながっている、そんな感覚が心地よいチームです

 

Team J. には環境があります

時間の合わない人が有志で練習したり、今まで泳いだ経験が少ない人でも先輩スイマーが手ほどきをしてくれたり、学問スポーツ問わず何かしらの経験がある濃いメンバーがそろっていたりします

 

 

今それなりに興味があってTeam J.を調べてくれたと思います

大学生活をエンジョイするきっかけのひとつとして立ち寄ってみては?

 

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL